学生の1日

私の一日

ベトナム出身のヒエンさんは去年の10月に、静岡日本語教育センターに入学しました。大学受験ももうすぐです。大学では環境学を専攻する予定です。日本の生活にもすっかり慣れたヒエンさんの1日を追ってみました。

 

◇月曜日ー金曜日   ◇休日
8:00起床、朝食   8:00 起床、朝食
9:00 日本語の勉強   9:00 留学試験のための勉強
12:00 昼食   12:00 昼食、自由時間
13:00 通学   15:00 自由時間、勉強
13:30 授業   18:00 夕食
15:20 休憩時間   0:00 就寝
18:00 アルバイト  
22:00 帰宅  
22:30 自由時間  
1:00 就寝  

【8:00】 起床

毎朝8時に起きて、朝ごはんを食べます。授業は午後からなので、朝早く起きません。朝ごはんは家にあるものを食べて、牛乳を飲みます。9時から昨日学校で勉強した日本語の文法を復習します。数学や理科など、日本語以外の教科は休日に勉強します。

【13:00】 通学

昼ごはんを食べてから家を出ます。学校まで15分ぐらいかかります。ゆっくり街を見ながら学校へ向かいます。すがすがしい気持ちになります。
自転車でゆっくり走って通学します。安全第一!

【13:30】 授業

授業は1日4時間です。クラスは20人。クラスメイトはベトナム、中国、ミャンマー等、いろいろな国から来ています。先生方は、日本語を楽しく、かつ覚えやすいように工夫して授業を進めてくれます。クラスはいつも笑い声であふれています。 日本留学試験にむけて勉強中!

【15:20】 休憩時間

学生ホールで友だちと楽しく話します。
休み時間にみんなでおしゃべりするのはとても楽しいです。勉強の話からアルバイトや生活の話まで、将来の夢も語り合います。

【17:20】 授業終了

授業が終わったら、自転車でアルバイト先へ向かいます。アルバイトは静岡駅の近くの居酒屋でしています。学校から自転車で15分ぐらいかかります。

これからアルバイト。アルバイト先へ向かっています。

【18:00】 アルバイト

居酒屋でのアルバイトは良い経験になります。日本人といろいろな会話ができて日本語が上手になるし、日本料理も作れるようになります。とてもよい社会勉強になりますよ。
上手な包丁さばきでしょう!
とても美味しい日本料理ができますよ! 
でも、ちょっと忙しい・・・かな。
<今日の出費>
・野菜 200円
・肉魚 100円
・飲み物 200円
----
合計 500円

【22:00】帰宅

"一日の疲れをシャワーで流します! 
その後は、一緒に住んでいるベトナムの友人2人といろいろ話をしたり、テレビを見たり、勉強したりします。
1:00ごろに就寝! ちょっと遅いかな?"

ヒエンさんの休日

いつものように朝8時に起きます。軽く朝食を食べたら留学試験のための勉強をします。午後は一緒に住んでいるベトナム人の友人と3~4時間ぐらい街を散策したり、ショッピングをしたりします。外で夕食を食べることもあります。夜はよく家族に電話をしています。
休日にショッピング! かわいいものが大好き。

学校行事(みかん狩り)に参加

静岡は日本でも有数のみかんの産地です。秋には山のみかんのオレンジ色がとてもきれいにみえます。休日に、学校のみんなでみかん狩りへ行きました。きれいな静岡の風景を見ながら、おいしいみかんをいっぱい食べました。とても楽しかったです。

1ヶ月の収支

収入    
    アルバイト 80,000円
    保証人から 80,000円
 
  収入合計   160,000円
  支出    
  学費   65,000円
  家賃   16,000円
  電気代、電話代、水代   20,000円
  その他   20,000円
 
  支出合計   121,000円
 
  収支 (貯金)   39,000円

インタビュアーのコメント

ヒエンさんは保証人の支援を受けたり、よいアルバイト先に恵まれ、金銭的に無理のない留学生活を送っているようです。無駄遣いをせず、大学進学に備えて計画的に貯金をしています。外国で勉強することは、とてもたいへんことですが、毎日、明るく頑張っているヒエンさんをみていると、周りの人たちも元気づけられます。
ヒエンさんは、自国(ベトナム)の自然環境を保護したり、環境問題を解決して、人びとが安心して生活できる国づくりに役立つ仕事に就きたいという目標を持ち、日本語や留学試験に向けての勉強に取り組んでいます。ヒエンさんの目標が達成できるように頑張ってほしいです。本校には、ヒエンさんのように、自分の目標に向かって頑張っている留学生がたくさんいます。

学生のコメント

日本へ留学して、家族と離れて悲しい時やあきらめたくなる時やホームシックになったりする時もあります。でも私の隣に先生方や友だちがいつも一緒にいて、応援してくれるから大丈夫です。自分の夢を実現するには時間がかかるけれど、一生懸命頑張りたいです。

 

静岡県ホームページ