学生の1日

新入生の楽しい1日

ウグデイさんとハタンバータルさんは2ヵ月前に日本に来ました。来日前、2人はモンゴルの大学に1年間在籍していました。今は静岡日本語教育センターで日本語をたくさん勉強しています。新入生2人の楽しい1日を追ってみよう。

  2人の1日
  7:30 起床・通学
  8:40 授業
  10:30 休憩15分
  10:45 授業
  13:00 帰宅・昼食
  15:00 市内散策・アルバイト探し
  19:00 夕食
  20:00 自由時間・勉強
  23:00 就寝

【7:30】 起床

2人は静岡市葵区のアパートで一緒に暮らしています。朝食はバナナとパン。学校へ行く準備をして、アパートを出るのは8時25分頃です。学校までは自転車で12分ぐらいかかります。元気で楽しい1日のスタートです。
いざ学校へ!

 

【8:40】 授業

ウグデイさんとハタンバータルさんは午前のクラスで勉強しています。毎日4時間日本語の授業を受けています。モンゴルで、ウグディさんは日本語学科、ハタンバートルさんは建築学科の学生でした。卒業後はハタンバートルさんは建築学を専門に、またウグデイさんは日本のITを専門に勉強することを目標にしています。

これから授業です。今日は彼らが発表する日です・・・。ちょっと緊張しています!

【10:30】 休憩

学校のクラスメイトの出身国は様々です。いろいろな文化を知ることができ、楽しく、会話もはずみます。

クラスメートと一緒。発表も無事に終わってすっきりした顔です!

【10:45】 授業

日本語の授業は、クラスの全員が交代で発表する形式です。授業は少し厳しいですが、わからないところは先生に質問したり、クラスメートに聞いたりします。作文などの宿題もたくさんあります。2人は毎日、日本語の勉強を頑張っています。

授業中…

【13:00】 帰宅・昼食

学校から家に帰り、昼食はチャーハンを作って食べます。チャーハンは、簡単で素早く出来る料理!美味しく作れるようになりました!

野菜を炒めています。上手でしょう!

【15:00】 市内散策・アルバイト探し

家で少し休んでから、静岡の街中を散策します。今、アルバイトを探しているので情報誌やタウン誌などももらいチェックしています。時間はすぐに経ってしまい、夕方に家に戻ります。帰宅途中、アパートの隣のコンビ二で明日の朝食べる果物やサラダを買います。

市内散策に出発!

【19:00】夕食

買い物風景です。買い物は、結構楽しいですよ。

【20:00】 勉強・自由時間

今日勉強した日本語の復習や漢字の練習、明日の予習をします。宿題も終わらせなくてはなりません。新しい漢字や言葉を覚えるために、紙に書いて見えるところに貼っています。日本語の勉強が終わると、それぞれ自分の関心のある分野についていろいろ調べます。ハタンバータルさんは建築関係の本や雑誌を見て、知らない言葉を勉強します。ウグデイさんは日本のいろいろな技術系の雑誌を読んだりしています。

【23:00】 就寝

シャワーを浴びて夜11時ごろに寝ます。

ウグデイさんとハタンバータルさんの休日

学校は月曜日から金曜日までですが、土曜日に学校で特別な授業や活動、イベントがあれば参加します。イベントの準備にも参加したり、クラスメ-トとスポーツもします。自分で考えたイベントのアイデアを先生方に相談することもあります。先生方もアドバイスやサポートをしてくださいます。 
日曜日は、朝起きたら洗濯をして、部屋を掃除します。ブランチを食べてから、この日の夕食や明日以降の食材の買い出しに出かけます。授業のある平日は、できるだけ買物をしないで予習や復習、宿題を片付けるために時間を使うようにしています。夕食には、モンゴルの伝統的な料理のツォイワンとボーズを作って食べることもあります。懐かしいモンゴル料理を食べて元気が出たところで、来週の学習プランを立てて、明日の準備をします。

今日の出費 1ヶ月の支出
  交通費 家賃 23,700円
  食事代 300円 食事代 7,000円
  その他 100円 水代 4,000円
      電気代 2,000円
  合計 400円 ガス代 3,000円
      その他 1,000円
      合計 40,700円

学校行事(みかん狩り)に参加

静岡は工業製品だけでなく、緑茶、わさび、みかん、いちごといった農作物の生産でも有名です。今回の「みかん狩り」は入学したばかりの2人にとって静岡の名産品が採れるところを見学し、その味を楽しむことができるよい機会になりました。また、学校のいろいろな国の先輩と話すことができ、よい刺激をうけることができました。来日してからこのような行事に積極的に参加をして、楽しい学校生活を送っています。

インタビュアーのコメント

2人は両親から生活費を送ってもらって勉強していますが、これから自分でアルバイトを探して、その中で社会勉強をし、また良い友達をたくさんつくって、楽しく有意義な生活を送ってもらいたいです。日本に来たばかりの2人ですが、楽しい学校行事に参加したり、静岡のいろいろな場所へ出かけたりして、とても積極的な印象を受けます。もちろん日本語の勉強も頑張っています。これからも初心を忘れず、自分の目標が実現するように頑張って欲しいです。そして、モンゴルに帰国後は、モンゴルの発展に貢献できるような人になって欲しいです。

2人のコメント

ウグディ:
高いIT技術を有する日本に留学するのは私の夢でした。今、日本のシンボル富士山の近くにある日本語学校で勉強しています。卒業後は日本の大学でIT技術を学び、将来、その専門家としてモンゴルの発展に役立ちたいと思っています。その目標への第一歩が実現して、本当に幸せです。先生方は優しく、時に厳しく指導してくださいます。この学校で勉強するのは楽しいです。これからも日本語の勉強をがんばります。

ハタンバータル:
日本の大学で建築学を学ぶために、静岡日本語教育センターで勉強しています。日本には楽しいことがたくさんあります。私はどこにいっても日本語を話すようにしています。これが日本語が上手になる一番の近道だと思うからです。私のクラスメートはいろいろな国から来ていて、彼らとも友だちになりました。私たちはいつも日本語で話をしています。みんな日本語が上手で、クラスも楽しいです。

 

 

 
 

静岡県ホームページ